本音。

6月24日(水) 深夜の投稿

東国原知事のお断りの文句と、政権政党への叱咤激励。
昨日の自民党の選挙対策の長と東国原知事とのやり取りのニュース。

東国原知事の真意は、
「党利党略、選挙で勝つこと目当てで、私を担がないでくれ!」
ではないかと思う。
断り方が、非常に、インパクトがあり、ある意味、本質を突いている。

自民党に限らず、タレント候補を擁立して選挙に勝とうとした政党は
他にもある。
果たして、タレント候補が実際にその政党内で影響力をもち、
その政党に新しい息吹を吹き込んだという事実や実績があるだろうか?

今までの選挙とその後を振り返るとき、タレント候補はその政党の
広告塔的な役割や、イメージアップの役割を果しては来たが、
その政党の政策に対して何も影響を与えていない。

つまり、政治を変革するところまでの役割を担っておらず、
いわば、選挙を戦うための道具のようなものだ。

中には、スキャンダルが取り沙汰され、政治家としての機能を
失っている議員もいるのでは?

東国原知事についてのニュースを見て感じたが、
味方になってくれと頼む以上、政治・政策という面で政治家としての
手腕に期待するということであるから、ただ、選挙活動の広告塔としての
役割で、迎え入れるなんて、言語道断!

それこそ、彼のいう、「私を総裁候補として選挙を戦えますか?」だ。
期待している以上、それくらいの覚悟で迎え入れるのが礼儀だ。





選挙報道—メディアが支持政党を明らかにする日 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
小栗 泉

ユーザレビュー:
日本でメディアが支持 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック