マニフェスト評価。

7月31日(金) 曇り

マニフェストの評価を民主党が与党・自民党の前回選挙で掲げたものを
やり、自民党は自己評価的に行っている。

報道を見る限り、どちらの主張も信用できるものではない。
自民党は甘い評価をしているし、民主党は、ただ、批判するだけの
内容。これでは、発表そのものが無駄であり、返って混乱を招くもの。

だからといって、一方的なマスコミ評価は真実を逸脱しかねない。

自己評価は必要だが、客観的に捉えた内容でなければならない。
民主党は自党の評価をしてない。
恐らく、「野党だから、マニフェストの実現はできない」というような
言い訳になると思う。

ただ、反対するだけの野党ではなく、与党に取り入って、自分達の
主張を通すなり、修正意見を取り入れてもらうなり、果せる役目はあるはずだ。

そうした部分をしっかり主張すべきだと思う。

他党を批判するよりも、自党の良いところを主張し、弱点も簡単に
コメントすべきだ。また、客観的に判断して、与党の実績を褒めることも
ありだと思う。

筋の通った主張をして欲しい。なにもかも批判的では、
日本の未来は見えない。

また、裏金問題について、遊説で真実を語ることと、
謝罪をすべきだと思う。

基本的に、裏金問題を抱えていては、マニフェストの財源は
全て裏金でまかなってくれるのか?と、極端で都合のいい考えをしてしまう。





福田政権の一〇〇日評価 (言論ブログ・ブックレット) (私ならこう考える有識者の主張 言論ブログ・ブックレット)
認定特定非営利活動法人 言論NPO
認定特定非営利活動法人 言論NPO

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック