まーくん世代

2011/09/14 ~ 15

楽天のまーくん。なぜ、マー君世代といいたいのか?
それは、彼らの世代でマー君がプロ経験があり、プロとしての
実力を着実につけているからだ。おそらく、甲子園で斎藤佑樹投手と
対戦したとき、マー君の体調が万全であれば、駒大苫小牧に軍配は
あがっていたかもしれない。

それほど、斎藤佑樹投手とマー君とのフィジカル面の差と、
実力の差があるというのが、最近の結果としていえるのでは
ないだろうか。たとえば、巨人の沢村投手も同じ世代。彼は、
斎藤佑樹投手よりも当番機会もあり、負け数もある。

沢村君とマー君の間の差はプロ経験のみで、フィジカル面や
実力的な差というのはない。むしろ、大学時代に努力を積み上げた
沢村君のほうが球威に勝るかもしれない。ただ、アマチュア経験では
よかったものの、プロの世界ではアマチュア時代のスタイルというか
考え方での配球やテクニックではやられてしまう。
ただ、沢村くんは今年の経験を来年に生かして、来年こそ、
2桁で、負けも減るだろう。

斎藤佑樹投手にいたっては、首脳陣の起用方法が
だましだましであるという点で中途半端だと思う。

マー君との対戦で完投したとは言え、5イニング後の不安定さ、
スタミナという問題ではなく、球威のない技巧派な投手だけに、
捕手のリードや、的を絞らせない散らすテクニックを磨かないと、
この先厳しいと思う。その前に、プロとして通用する体づくりが
非常に大変になってくる。

さらに、斎藤佑樹投手は、プロの打者はその球筋をきちんと
見ている。なので、だましだまし、打たれていないように見ても、
当番機会が増えるようなことになれば、おのずと、滅多打ちを
食らうだろう。




一流の習慣術  イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方 (ソフトバンク新書)
ソフトバンククリエイティブ
奥村 幸治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一流の習慣術  イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方 (ソフトバンク新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック