女系天皇に思う。

2012/06/26

うん、お公家文化も天皇家だけ。

神代だとかっていっても、神が人間になるなんて、
医学的(科学的)におかしな話なので、天皇はそもそも
人間ですよ。奈良に行く度にそれを痛感する。

だから、人権を持ってんだ。だけど、権威や権力持たず、
国の安穏、国民の幸福を願い、陰の力持ちとなる存在。
それが天皇だと思う。

さて、皇太子のお子さんが娘ということで、
直系?というのか、嫡子の子息が女のみということで、
女系天皇の議論が巻き起こっているみたいだが、
そもそも、女系天皇の議論をこんな背景で活発化するなんて、
おかしな話だ。

遺伝子学の見地からとか、専門的もここまでっくればマニアだね。
さっきも言ったように、神代だとかって抜かして、万世一系の議論。
この時点で遺伝子学を否定しているのに。。。。。

もっと、単純にみようよ。
だって、歴史的にみてみると、推古天皇、皇極(後、斉明)天皇、持統天皇、
聖武天皇の後にもいたし、女性天皇って存在し得た訳。
だから、おかしくないでしょ?
まぁ、斉明天皇の息子が2人のちに天皇になっているけど、これって、
男系?なの?まぁ、当時は、近親相姦で後続どうしが結婚してたりするから、
かろうじて男系なのかもしれないし、そうでない場合は、女性の天皇の
直接の子息ではない、甥っ子や遠い弟とかが天皇に成ったりと。。。

それに、天皇は神事の主体者ってある記事であったけど、
その神事の主が、仏教に帰依していた事実を歴史が証明している。
東大寺や、その他、天皇の勅宣によって立てられた寺は全国に
多く存在した。国分寺、国分尼寺等。

歴史を単純にとらえれば、いま、専門家とやらが議論していることなんて、
単に、事を複雑にして難しくして、わけの解らないことにして、
結局、古い慣例とやらにとらわれて、無駄な議論におわるんだろう?

話を戻す。注目したいのは、天武天皇の皇后だった人、この人が、
「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣をすてふ 天香具山」で、
有名の 持統天皇。 この人、皇后から天皇に即位!

おそらく、血筋は、天皇家でしょ。つまり、天皇家は
近親相姦だった。これなら、女性だろうと、血筋的に文句もなからろう。

近親相姦的な血筋じゃないと、女性天皇なんて、許されない!ってかんじの
話なの?

あと、日本の文化の根底に「男尊女卑」文化が根強いんだろうね。

別に、ほかの国に女王が君臨できるからって、
日本もそうしろ!っていってんじゃない。

ヨーロッパは王権貴族と呼ばれる階級の人たちが国の売買を
やりながら、王になってたわけで、日本と国王文化の土壌が違う。

女系天皇が行けない理由を歴史的な観点で解りやすく説明してほしい。
歴史がそれを問題ない!って言っているとしか思えない。

宮内庁はもっと、そうしたことを公開すべき。
学校では教えない、日本の歴史、天皇の歴史を!

今のままの展開だと、密室会議でいつの間にか、
愛子さまは、天皇になってはいけない!って
終わってしまいそう。

もっと、解りやすい説明を!正しい、日本の歴史とともに。
歴史を否定するなら、それなりの、説明を!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック