永遠のテーマ 「いじめ」

2012/07/14

ちまたで、大津のいじめ問題が
いろいろな意味で社会に影響を与えている。

フジテレビの報道の甘さで、加害者の実名が
ネット上で物議を醸し出しているのも、前代未聞だ。

様々、違和感を感じているのだが、
まず、教育委員会をはじめ、現場の教師の
事なかれ主義というか、人命に関わる大問題を
隠蔽しているという、一番最低な組織であること。

成長する組織は、現場の些細な問題点(ネガティブポイント)
の解消に向けて努力する。
どうしても、聞こえのいい報告しか受け付けなくなる
組織が多いが、聞こえのいいことは当たり前。
そうするために、まず、問題点の解決ができる組織であることが、理想とする
ことなかれ
な状態にする秘訣なのではないか?

次に、学校や、教育委員会の責任に落とし込もうとする親たち。
但し、被害者の父母は除く。

おそらく、私の世代からのちょっと下の世代のお父さん、お母さんが今の中学生ぐらいの親だろうと思うのだが、いじめられる側で青春時代を過ごした親よりも、いじめる側、或は、それを黙認する側で過ごした親が大半なのではないか?

そんな親達が果たして、いじめの問題に真剣に向き合えるのか?疑問を抱く。
自分たちの過去を隠蔽したいがために、学校や教育委員会に責任を押し付けてはいないか?家庭教育の責任放棄をしていないか?
そんな違和感を感じる。

テレビでも、いじめ問題では、いじめられる側が主体だ。
いじめられることの見分け方とか、どう守るか?
確かに、重要なことであるが、同じく、重要なのは、いじめる側を作らない教育を家庭教育、学校教育ですることだ。
受験対策の教育は、塾ですればいい。学校教育は人間教育の場。

その基礎を作るのが、家庭教育の場。自分の子供がいじめっ子になっていないか?それを見抜くことと、いじめを「いけないこと」
と教えるのはまず、親なのではないか?

最後に、報道で実名が出て、ネットでいろいろ論じられていることだ。
いめる側の人間にも人権?私は偽善者じゃないので、厳しくいっておくが、
陰湿ないじめで、人を死に至らしめる奴に、人権なんてない!
絶対にない。
だから、実名が週刊誌等で取り上げられ、批判され、自宅までマスコミがおしかけられても、それはそれで、当然の報いだし、それによって、いじめて死に至らしめた子の気持ちが少しでも解るだろうし、事の重大さを認識するだろう。
それ以上に、いじめられた子は追いつめられていたのだから。

で、ネット上でおもしろおかしく、論じる連中、まともな話をしろ。感情的でなく、人を思いやる話を。厳しく、優しく。偏見をすてて。




殺戮者は二度わらう—放たれし業、跳梁跋扈の9事件 (新潮文庫)
新潮社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 殺戮者は二度わらう—放たれし業、跳梁跋扈の9事件 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

性犯罪被害にあうということ
朝日新聞出版
小林 美佳

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 性犯罪被害にあうということ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック