仕事。できない作業員。

2012/10/24

もう少しで今の現場とはおさらばですが、
3月ぐらいからやってきて、未だに仕事ができない
隣の女性のワーカーさん。それなりにのソフトハウスの
社員らしいのですが、半年以上も、同じことを毎日、
どやされています。
正直、学習能力もそうだし、給料貰うプロとしての
プライドもないのか?

新人以下の仕事ですよ。

ITのテクニカルなスキルを要求されているのでもなく、
会議の議事録を的確に取り、それを成果物の修正とかに
反映させて業務のワークフローを作成するだけの
仕事。

Excelが使えて、ごく当たり前の思考と業務効率に
対する単純な意見さえもっていればできる仕事。
難しい知識はいりません。

大事なのは、その仕事の意味と目的、自分の果たすべき責任
を自覚していれば、いかようにでも合理的な仕事できる。
プログラムを書くのではないので。
作業管理のドキュメントも、作業見積もりと、
実作業の記録を明確に記述し、問題点、不明点を別紙に
まとめておいて、レビュー時に確認すれば済むこと。

なのに、毎日、「誤字が多い、何回同じことを言わせるの?」
品質が悪い!ちゃんと、クロスチェックしての?
とかって、そのチームのボスのささやきが聞こえてくる。
毎日。

そのボスも、資料作成を作業者に任せて、作成した資料のレビュー
はするけど、レビューのタイミングが悪いのと、会議で議論したら、
適当に作業者に指示出して、自社に帰っちゃう。

こんなやり取りはまず問題なんだけど、現場の作業者が無能。
解らないのは当たり前で、レビューで間違いを指摘されて
そこらから学べば、日が過ぎるにつれて、業務や仕事の段取りを
覚えて、同じことで毎日指摘されないわな。
会議の議事録のレビューをそもそもやらずに、会議の終了後に、
闇雲に資料修正をして、ドキュメントのデグレードを起こすし、
作業の途中でレビューにかける前の自己レビューしていない。
また、自社にいる共同作業者に対して、的確な指示とか、
レビューの内容を伝えきれていない。つまり、コミュニケーションが
チーム内でバラバラ。

ボスの発言も、レビュー時に新しい指示とか、キーになる
発言はメモすべきだ。言った言わないになる前に、
その時に、こういう指示を受けましたと証明できるメモを残すべき。

また、議事録のレビューを行って、認識相違がないかの
確認をおこない認識をあわせた上で、ドキュメント修正をすべし!

なんでこれができないの?

ベテランの年齢のように見えるので、
それができるのかな?と思いきや、自社で作業している
ベテランさんも同じようなミスで毎朝、電話越しにシバかれてる。

まぁ、あまり、お高い仕事じゃないんだね。
その作業員の会社自体、そのプロジェクトに配置している
要員が程度低い社員なんだからね。

解らない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック