違和感

2017/02/15

分からんね。
芸能界を引退するのに、
プライベートな宗教事情を明かすというか。

それよりも、労働環境についてですよ。
労働環境は対価的なこともあるけど、どんなに高い対価でも、生命に害があれば意味がない。それは無理な労働環境だ。

で、芸能界の雇われ方なんですよ。
一時期、派遣切りで、今もですが問題になってます。

芸能界は基本、業務委託契約でしょ。
正規雇用はタレントじゃなくて、マネージャーや、経理等の事務職、タレントの為に仕事を取ってくる営業職じゃないか?

タレントは業務委託または、給与にこだわるなら、契約社員の契約だと思う。

正規雇用はないよね。
あと、プロスポーツ選手も、彼らも業務委託契約だ。消費税払ってる選手は多い。

つまり、契約上、給与所得者の感覚と違う。エンジニアのフリーランスなんかは、成果報酬じゃなくて時間だからね。

芸能界とか、プロスポーツ、芸術の分野は結果、成果報酬が多いし、一定額、例えば一案件で幾らとか、結局、割に合わない事が普通だと思う。

だから、給与所得者の感覚では分からない部分がある。また、労働基準法では難しい部分はある。
働き方改革は給与所得者だけじゃなく、個人事業主にも行われるべきだと思う。

月5万円で約10年やってる?子役なら別だが、成人して高い案件に関わってそれなら事務所、プロダクションに問題がある。

どんなに華やかでも、現実は現実。事務所にボラれるなら、独立した方がいい。

過労働なら、医師の指導のもと、休むべきだ。それは医師、家族が関わること。
また、仕事関係者を含む。

第2の違和感。

冒頭にも触れたけど、所属の宗教団体が一個人の仕事に関与してる点。

違和感ある。

所属の教団とのコミニュケーションがあることは良いことだが、団体として関与はね。教団の中のある個人がアドバイスして法律とか、公的機関を紹介するなら分かる。

精神面、病的なら専門医。
教団側は直接関与してはならないと思う。

マスコミも、そこは触れない方がいい。
隠すべきだ。真実を伝えるとか、表現の自由とかいうが、触れるべきでないことは、良識からして分かるはずだ。

売名なのか?
その子が、芸能界でやっていくにしろ、教団をバックにやるなら、今よりもっと状況は悪くなるよ。おそらく。

教団が宣伝価値がある信者を優遇するような組織であれば余計に危険だ。
その裏で虐げられる信者がいるからね。

カルト教団は貧乏人には冷たいよ。
また、宣伝価値がなくなれば余計に。

家出と出家は意味も字列の並びも表裏逆。生活の為の出家?意味が分からない。

家出と出家の共通点は、自給自足、托鉢、つまり、スポンサーのない生活。

寺に入ることが出家か?
飯を普通に食えますよ。でも、出家は俗世間から離れるから自給自足。

家出だってあてないなら、自給自足でしょ。

さらに、自己責任度高い。共通点してるよね。

あの子はただ飯が食べられるねか?

いずれにせよ、精神面でやんでいるなら、気持ちの面で安静にして欲しい。
自殺願望が強い中で無理な仕事を強いるのはよくない。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック