文化と考え方を変えないと。

2018/12/09

外国人労働者の拡大。政治的に色々やっているが、野党がだらしない。
決め手となる問題提起が出来ていない。

政治的な話はどうあれ、現場レベルで考えると、
電通の事件のように、日本人の正規雇用者すら守れないげんじょうがあるのに
外国人労働者を守れない。

法整備はしてほしいが、現場レベルで仕事の在り方を見直すべきだ。

日本の仕事環境は責任転嫁の文化になっている。
仕事の見える化を提唱するがそれはトラブルが起こった時の
責任転嫁の材料であり、人員の穴あき期間のフォローの情報として捉えない。

誰が何をやっているかを把握しておらず、単なる上位会社へのアピール。
作業負荷や苦しんでる人の状況を把握することをしない。

一方的にスケジュールだけを押し付ける。

海外では国によるが、休暇や出張を考慮して、お互いの作業のフォローを
するための情報として機能している。

日本人は専門職は別だが、外国人労働者を奴隷扱いする企業が
多いように思える。

単に人材難ではなく、人をまともに育てていないだけ。

スケジュールを優先するあまり、品質が悪い、労働者の負担増なので、労働者が疲弊してしまう。

日本人労働者に対する環境改善が出来ないのに外国人労働者を受け入れたところで
混乱するだけだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック