テレビ局にもの申す


2020/04/8

ワイドショーは情報番組ではない。

偏見とネガティブに満ちた愚痴番組だ。
そんなんで視聴率を争うな。

スポンサーもスポンサーだ。
状況が状況だけに高いスポンサー料を払ってまで
スポンサーになるな。そこにお金を払うより、従業員の補償とか使い道があるはずだ。

日本のワイドショーは国民の不安を煽り、デマに騙されやすい状況に追い詰める。
そもそも、MCが不勉強で、デマのトピックをあたかも事実のように騒ぎ立てる。

国民が知りたいのは、MCの愚痴や文句、臆病な心の叫びではない。

例えば、総理が打ち出した補償の問題。
あれを見ていると、みんながもらえない!みたいに聞こえる。
だって、補償がない!って。

要請と補償は一緒に!って。

でも、総理は補償をすると言っているわけでしょ。
手続きが困難とかあるけど、私には解らない。

以下の点

・条件。ハードルが高いとは記事見て知ったけれど、
 具体的に何が?なんですよ。
 これを詳しく、分かりやすく報じてほしいね。

 偏見や文句はいらない。純粋に知りたい。
 だって、これを詳しく知ることで、「もらえる!」って
 安心する人が何人出てくるか。

今の報じ方は、「もらえない」ってみんなが下を向いてしまう。
どんなリーダーが対策を打とうが、メディアがこんなんでは、
国民は不安に駆られて、それこそ自殺者が増えてしまう。

補償がないなら、人災というが、不安を煽るワイドショーの方が
その人災の張本人だろうよ。

人に希望を与える使命を自覚してほしい。

番組を作る人たちは、この状況にあって、国民に光を
与える仕事をしてほしい。
国が悪いとか、政治がどうのとか、頭の悪い芸能人にコメントさせることに問題があるのと、
彼らは政治家でも医者でも、経済の専門家じゃない。

今欲しいのは、事実と、希望。 怒りや愚痴や文句ではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント