PCR検査や抗体検査、どう活かす?


Yahooニュースである医師の記事を読んだ。

検査は必ずしも正しいわけではないと言う内容。
医療の現場にいる人の話だから信じるに値する内容だ。

検査が全て正しいわけではないと言うこと。

PCR検査は偽陰性や偽陽性があることや、抗体検査は感染して1週は経過しないと抗体は作られないと言うこと。
抗体が作られる前では、当然、陰性ということだ。

抗体検査を強く推奨する意見もあるが、ワクチンの開発には生かせるが、感染拡大を防ぐと言う面では大したインパクトはないだろう。
CTについては、影?陰?が必ずしも新型コロナとは限らず、別の肺炎の場合もあると言うことだ。

あと、2万件の検査を可能にすると言うが、それが2万件の検査をしなさい見たいなノルマにたいに
ワイドショーみたいな番組の論調なのが気に掛かる。

検査した数に対しての陽性反応者という発表がされないから陽性患者数だけを発表されても云々という。これは、番組制作のせいであり、
行政の責任でもない。検査した数を知らないとなんとも言えない?という。

疑わしい人を検査するわけで、疑わしくない人を検査しても検査道具が不足する事態を考えるとそうもいかない。
インフルエンザ検査のように容易にできるのであれば構わないが、2万人の検査をノルマとするような論調では医療崩壊どころか患者が巷に溢れるよ。
ホテルや収容施設は足らないどころの騒ぎじゃない。

この新型コロナウィルスは無症状感染者が他人に感染させるという怖さだ。インフルエンザも同じだと思うけど。

あとは、検査で陰性と言われても、抗体検査の話じゃないけど、後から陽性、症状がでて突然悪化することもある。
それが怖い。だから、人との接触を避けるわけだよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント